トレーを持ち帰る。
新発想の包装設計

食品を載せたトレーを包み込み、安定した状態で
衛生的に持ち帰るテイクアウト向けパッケージ。

無料サンプルご提供中!

お問い合わせ

特許取得済み 第5920992号

2018年度GOODDESIGN賞受賞

様々な店舗で
ご利用いただいています!

  • ベーカリー
  • たい焼き店
  • からあげ専門店

こんなお悩みありませんか? problem

  • 完全セルフ型などテイクアウトの可能性を広げたい
  • 目を惹くパッケージで広告効果を高めたい
  • 見た目だけでなく衛生にも配慮したい

そのお悩み、
テイクアウトトレーバッグが
解決します!

テイクアウト
トレーバッグとは
solution

トレーを包むことに着目した個性的な形態。中の商品を安定した状態で持ち帰ることを目指し設計しました。

従来の袋ですと、持ち帰る際に商品が傾いたり、潰れたりすることがありました。そこで袋の底にマチを設け、持ち帰り後には器の代わりになるトレーとセットで包装することを思いつきました。トレーを横から袋に入れ、上から商品を取り出す今までにないテイクアウト向けのパッケージです。

  • 密封状態で衛生的

    シーラー機による熱接着で包装するため、密封状態で安心してお持ち帰りできます。

  • 持ち運びの安定性

    大きく配置した底マチがトレーをしっかり面で支えます。荷崩れせずに運べ、またトレーはお皿の代わりにもなります。

  • 包装の易開封性

    縦・横の2方向につけた切り口から開封しやすく、また持ち手部分からパーティーオープンのように開封することも可能です。

お問い合わせ

導入事例 Case Study

株式会社 魁力屋 様からあげとだし巻きのテイクアウト専門店「からたま屋」で採用されました。

展示会でテイクアウトトレーバッグを発見していただき、探していたものに出会えて興奮したとのお言葉を頂戴しました。テストを経て現場で使える質の高さであるとのことから採用を決めていただけました。導入後は、商品の売上が3倍以上になり、客単価が10%近く増加したとのことです。また持ち帰りだけでなくUberEATSでも引き合いが生まれ、店舗持ち帰りだけでなく宅配へと広がっています。

株式会社 東急百貨店様たい焼きをメインにしたセレクトショップ「暦~KOYOMI~」で採用されました。

たい焼きといえば紙の個包装+レジ袋か、紙箱+紙袋という包材が主流で、それ以外はほとんど見かけません。そうした中、新しい試みの店舗にふさわしい新しい包材をお探しだった東急百貨店様が、弊社展示会ブースで発見したのがはじまりです。パンと違って重量があり、熱々の蒸気を発する商品を包装するために工夫を重ねました。他のたい焼き屋さんにはないパッケージが完成し、非常に喜んでいただいております。

SKY PROVENCE Bakery&Café 様2018年に新規オープンしたベーカリーショップ「スカイプロヴァンス」で採用されました。

新規出店する際のインパクトとなるパッケージがないか、ネットで検索していたオーナーに発見していただきました。その目論見通り、今ではこの袋を持ち歩いていれば「スカイプロヴァンスさんに行ってきたんだね」と、地域に認識していただけるようになったとのことです。そしてこのテイクアウトトレーバッグに合わせたオペレーションにしていただくことで、効率的なお店の運営に貢献できました。

詳しく見る

テイクアウトトレーバッグが
選ばれる4つの理由
Reason

  • 01

    衛生面での配慮

    昨今高まる衛生への配慮としてシーラー機による熱接着で内容物が直接外気に触れないように配慮しています。

  • 02

    オリジナルデザインに対応

    宅配など色々なテイクアウトシーンで広告効果を発揮するため、ユーザーオリジナルのデザインプリントが可能です。

  • 03

    シンプルな作業性

    トレーごと袋に入れてシーラー機でとじるだけの簡単作業。熱を加えれば接着するのでシーラー機は専用品でなくても大丈夫です。

  • 04

    内容物の保護性

    広いマチでトレーごと包む発想により、持ち運ぶ際の安定感があります。傾けたくない商品・重ねて潰したくない商品で、とくに効果を実感いただけます。

お問い合わせ

製品開発ストーリー development

なんとかインストアベーカリーを
無人で運営できないか?

そんな小売店のお悩みに応えるべく、
開発がスタートしました。

人件費が高騰するなか、人材の安定的な確保も難しい昨今。沖縄のとあるスーパーで、インストアベーカリー個別のレジを廃止し、スーパー内の集中レジで会計をまとめて行いたいという話が持ちあがりました。

そこで、パンの包装はどうするのか?どうやって商品を集合レジまで運んでいただけばよいのか?そんな悩みを伺った当社は、スタッフの手をかけずに完結するオペレーションを、包装の工夫で解決できないかと考えました。

こうしてできたのが、誰でもセルフで簡単に包装ができ、スーパー内の集合レジで包装したまま会計が行える新しい概念のパッケージ、「テイクアウトトレーバッグ」でした。パンをのせたトレーをそのまま運ぶことに特化させ、持ち帰り袋としても機能させることで個包装の省略が可能になったため、包装の簡素化も実現しました。

この取り組みにより念願の無人ベーカリーがオープンし、小さなお子様でも楽しく包装できるということで、今も変わらずお使いいただいております。

お問い合わせ

FREE無料

導入を
ご検討中のお客様に

サンプル請求・お問い合わせ

テイクアウトトレーバッグの無料サンプルをご用意しております。

製品詳細 Product details

  • テイクアウト
    トレーバッグ

    デザイン Happy Time柄
    サイズ 巾270+リップ60
    ×深さ420mm
    材質 PET#12 / CPP#20
    入数 500枚(1ケース)
  • テイクアウト
    トレーバッグ“ミニ”

    サイズ 巾220+リップ60
    ×深さ350mm
    材質 PET#12 / CPP#20
    入数 400枚(1ケース)
  • 紙トレー

    サイズ 265×180×深さ37mm
    材質
    入数 400枚(1ケース)

    パントレーS (白)

    サイズ 205×120×深さ37mm
    材質
    入数 400枚(1ケース)
  • シーラー機

    サイズ 340×300×170mm
    シール長 300mm
    シール幅 5mm
    重さ 4.5kg
    仕様 片面ヒーター押し下げ式

お問い合わせフォーム contact

無料サンプルをご用意しております。
お気軽にご請求ください。

会社名必須
ご担当者様名必須
フリガナ必須
部署名任意
メールアドレス必須
電話必須
お問い合わせ項目必須
お問い合わせ内容任意

個人情報の取扱いについて
弊社株式会社KKIでは当サイトより取得した
個人情報は適切に管理いたします。
個人情報保護法に定める例外事項を除き、
本人の同意を得ることなく第三者に提供、開示しません。